タイ転職|仕事で求められる大事な5のスキル

タイ転職を実現する上でどういうスキルが必要になってくるのでしょうか。

この記事ではタイで仕事をする人が求められる重要な5つのスキルについて紹介します。

\この記事に向いている方/
タイ転職を考えていて、現地で働くうえで必要なスキルを知りたい方。

タイの転職市場について

タイの経済発展はここ数年凄まじく、昔は安く旅行できる国として有名でしたが現在は一部の職種によっては日本と同様の給料をもらえるまでになっています。

そしてその多くが外資系からの影響を受けており、日本文化・日本の企業の影響は大きいです。

つまり、日本語を使った仕事や日本語のスキル十分に活かせる事ができる土台があるということです。

もちろんこのあと紹介するスキルを持っていることでタイでの転職が有利に働くことは間違いないですが、タイそのものが成長市場であること、そして日本人の需要もあることは明示しておきたいと思います。

そのうえで、タイでの転職を考える際に重要となるスキルセットの重要性について説明します。

タイ転職で求められる5つのスキル|言語スキル

外国という事で言語スキルはまず重要な点と言えます。

基本的には英語が話せれば問題ないでしょう。

彼らも英語を使って外国人とコミュニケーションを行うので。タイ語を話せる必要はビジネスにおいてはそこまで必要ありませんし、話せたからといってビジネス上有利に働くかと言われればそこまででもありません。

ちなみに、英語ができると良いのはもちろんなのですが、タイ転職においては英語ができなくてもやっていける場合があります。

それは、専門知識があり自分が接する企業が日本企業や日本人担当者の場合です。タイには日本人が10万人以上います。

この在日人数は、東南アジアでぶっちぎりで1位です。

つまり、日本人同士の仕事が豊富にあり、それだけで利益をあげられるくらいの市場という事です。もちろん幹部レベルになれば英語が求められるでしょうが、プレイヤーとして働く分には(例えば営業など)、相手も日本人なので英語能力は求められません。更に、そのような企業で働いているタイ人も日本語が話せる事が多いためなおさらです。

ただ、英語が話せた方が給料が高いポジションや仕事に就けるというのは事実です。

ですので、より高い給料を目指すのであれば英語は話せたほうがよいという事になります。

タイ転職で求められる5つのスキル|専門スキルと知識

これはいわゆる仕事のスキルというものです。タイではIT、観光、製造業などを中心とした仕事が多いのですが、それらに関連する専門技術やスキルがあることが望まれます。これは日本で転職をするのと同様ですね。

つまり、海外転職といっても結局は企業が別の国でビジネスをするわけで、結局やっていることは日本であろうがタイであろうか本質的には同じなのです。

ですので仕事のスキルというのは日本で培ったものは必ずタイでも活かすことができますし、そういったスキルが有ることで仕事も探しやすくなる&待遇・給料も期待できます。

例えば営業職の方であればそれがスキルになります。タイでは別業界に転職したとしても営業の力は活かせるでしょう。

タイ転職で求められる5つのスキル|ソフトスキル

このスキルはタイ転職後、上手く同僚たちと仕事ができるかという点になります。

まず大事なのはコミュニケーションスキルです。相手の話を最後まで聞く、怒る時は人前で怒らない、など日本の文化とタイの文化は異なります。

ソフトスキルは日々の対人関係で磨かれますが、意識的に改善するためには、コミュニケーションやリーダーシップに関するワークショップやセミナーに参加すると良いでしょう。フィードバックを積極的に求め、自己反省を通じて学ぶ事ができます。

問題解決能力も非常に重要なスキルです。問題解決の技術を向上させるには、実際のプロジェクトやケーススタディを通じて実践的な経験を積むことが重要です。また、書籍も比較的充実しています。特におすすめは「イシューからはじめよ」です。

タイ転職で求められる5つのスキル|文化への適応

前の章で紹介したソフトスキルは比較的仕事に関連するものでしたが、今回のは仕事以外にも私生活や同僚とのつきあいかた、海外生活でのメンタルを維持する力などそういったサバイバル能力の事を言います。

ホフステードの6次元モデル

ここから少し専門的・学問的なお話をするので興味がない人は次の章に進んでください。

ホフステードの6次元モデルとは

各国での文化の違いの指標を理解するのに有名な指標の一つに、ホフステードの6次元モデルというのがあります。彼らの価値観を知るというのが目的の理論です。

権力格差:社会で権力の格差を受け入れる指標です。数値が高いほどそのヒエラルキーを受け入れます。
個人主義:個人で仕事を進めるのが好きかグループ作業が好きかです。
不確実性を避けるか:数値が高いほど、不確実な事を避け、結果がわかっている仕事をしようと思います。
長期関係:この数値が高いほど、長期的に仕事をする傾向があります。
充足的:この数値がたかいほど、人生を本能の赴くままに楽しみ、欲求を満足させようとすることに対して社会が比較的寛容であるとされています。
達成と成功に向けた動機づけ(男性的か女性的か):目標に対して達成すべきものであり達成した場合にのみ評価されるべきか、それとも過程やそのプロセスも評価されるべきか。

今回は中国、日本、タイ、アメリカの4カ国で調べてみました。タイは左から3番目の肌色になります。

タイの総評として、個人主義と男性的の指標が他の国と比較して著しく低く、かつ日本よりも権力格差が大きい事がわかりました。

つまり、会社では上司の言うことは聞くけれど、目標必達のために自らを犠牲にして働くことはせず、どちらかと言うとグループで何かを達成したい傾向がある事になります。

このような事を軽くで知っておくと、いざタイで働いて文化の違いに出くわした際に、自分が理解する手助けになります。

ハプニングへの胆力

また、海外では日本と異なり不足の事態が常に起こります。

そういう自体に対して一喜一憂するのではなく、どっしりと構えていることも海外転職における重要なメンタルスキルといえるでしょう。

ちなみに、この辺の生活面でのアドバイスは転職エージェントを活用しても得ることができます。

タイ転職で求められる5つのスキル|オンラインプレゼンス

タイではオンラインコミュニケーションが発達しています。特にLINEやWhatsapp、仕事においてはLinkedinなどのソーシャルメディアの活用はタイでの生活や転職をスムーズに行う上で、ネットワーク活動を行う上で必要となるでしょう。

ちなみにタイでもLINEは広く使用されています。とはいえ、Whatsappは登録した方が無難でしょう。

また、仕事用のソーシャルメディアとしてLinkedinは登録してプロフィールを作っておきましょう。

タイにある企業がLinkedin上に仕事を掲載しており、Linkedin上から応募ができたりしています。

タイ転職で求められる5つのスキル|まとめ

いかがだったでしょうか?タイ転職で求められる5つのスキルをまとめてみました。

業界や業種によって必要なスキルは異なりますが、メンタルスキルやコミュニケーションスキルはどこで働いても必要となるものでしょう。

タイにおいて、自分がどういうスキルが求められるのかは転職エージェントに相談して聞いてみると良いでしょう。

おまけ:タイ転職における参考情報

最後に、このブログにあるタイ転職の情報を掲載します。

タイの転職エージェントをお探しの方はこちらから

2024年版|タイのおすすめ転職エージェント10選【口コミ・評価付き】

タイの平均年収を知りたい方はこちら

2024年版|タイの平均年収について【業界別】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です