タイでモバイル広告展開するならFacebook!理由や特徴を解説

タイは急速にモバイル化が進んでいるので、モバイル広告の効果が期待できます。

しかし、どの媒体でモバイル広告展開をすればいいのか、モバイル広告で実際に効果は出るのかなど、疑問も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、効果の高いモバイル広告媒体について特徴や事例を解説していきます。

この記事を読んで、モバイル広告をタイへの事業拡大の足掛かりにしていきましょう。

タイでのモバイル広告ならFacebookがおすすめ

タイでのモバイル広告ならFacebookがおすすめ

タイでモバイル広告を展開するならFacebookの活用がおすすめです。
Facebookはタイで人気が高いSNSであり、広告の効果が期待できます。

モバイル広告展開でFacebookを活用したほうがいい理由は次の3点です。

  • 国民の75%が利用
  • 若年層から高齢層にも広告が届けられるSNSである
  • 詳細なターゲット設定による効果的な広告展開が可能

順番に解説していきます。

国民の75%が利用

We Are Socialの調査によると、タイ国民の75%がFacebookを利用しています。

Facebook

図のようにFacebookは、タイのSNSで最も多くのユーザーを抱えているのです。
ユーザー数が多いので、広告をターゲットユーザーに届けやすい特徴があります。

また、ユーザー数が多いSNSだからこそ、ユーザー同士の繋がりも多く、サイト内での拡散効果も期待できるのです。

若年層から高齢層にも広告が届けられるSNSである

We Are Socialの調査によると、Facebookのユーザー年代分布は18歳から34歳までが最も多く、それ以上の年代はユーザー数が減少している傾向にあります。

Facebookユーザー

とはいえ、55歳以上のユーザーも320万人以上抱えていて、タイ国内のSNSではトップランクのユーザー数です。

若年層はもちろん、高齢層のユーザーまでリーチが届くSNSなので、モバイル広告展開においてFacebookは必須となります。

詳細なターゲット設定による効果的な広告展開

Facebook広告を活用するメリットは、詳細なターゲット設定による効果的な広告展開ができる点と言えます。

Facebookを利用したモバイル広告では性別、年代、地域以外にも、趣味やコミュニティーなど詳細なターゲット設定で広告を出せるのです。

趣味やコミュニティーに絞って広告を出すことで、シェアを獲得しやすくなり、今まで行き届かなかったターゲットにアプローチすることもできます。

ターゲット設定をすることで、広告と関連のないユーザーをターゲットから外し、より効率的な広告展開が実現可能なのです。

タイの広告展開でモバイル広告が有力な理由

タイの広告展開でモバイル広告が有力な理由

タイでWeb広告を展開するうえで、モバイル広告は有力です。

理由としては下記の4点があります。

  • インターネットユーザーの9割がスマートフォンを使用
  • PCからアクセスするユーザーは5割
  • SNS利用率が高い
  • 口コミ効果による拡散力がある

順番に解説していきます。

インターネットユーザーの9割がスマートフォンを使用

インターネットユーザーの9割がスマートフォンを使用

タイでは、インターネットを閲覧するときにスマートフォンを使う人が圧倒的に多いです。

eMarketerの調査では、タイのインターネットユーザーにおける9割がスマートフォンを使ってインターネットを閲覧しています。

モバイルインターネットのユーザーが多いので、広告展開はモバイル広告の方が効率よく見てもらうことができるのです。

PCからアクセスするユーザーは5割

PCからアクセスするユーザーは5割

タイのインターネットにおいて、PCからアクセスするユーザーはモバイル端末に比べると少ないです。

実際にアメリカのデジタルマーケティング会社eMarketerの調査をみても、PCからインターネットにアクセスするユーザーは5割しかいないことが分かります。

タイでは、インターネットの普及と同時にモバイル端末が普及した歴史があるため、インターネットはモバイルで見るものという認識が定着しているのです。

そもそもPCでインターネットを見る習慣が少ないので、広告展開もモバイルのほうが効率的になっています。

SNS利用率が高い

SNS利用率が高い

タイ国民のSNS利用率は世界的に見ても高水準です。

BangkokPostの調査結果によると、各国がSNSに費やしている時間を比較したところタイは4.56時間となり、世界で4番目に長いことがわかりました。

Facebookを含めた各SNSで、ユーザー数が多いことが起因しています。

また、Facebookのアクティブユーザーのうち、7割が毎日アクセスしていることも利用率の高さに影響しています。

口コミ効果による拡散力がある

口コミ効果による拡散力がある

SNSを含むモバイル広告では、口コミ効果による拡散力の大きさが特徴です。

モバイル広告の場合、適切なターゲティングをして広告展開することで、ユーザー内でシェアして広告を拡散してもらうことができます。

この効果は1つのSNS媒体に留まらず、各媒体に渡って展開することができるのです。

各媒体に渡る口コミの拡散力を期待するには、適切なペルソナ設定とターゲティングが必要不可欠になります。

タイで有効なモバイル広告の特徴

タイで有効なモバイル広告の特徴

タイで有効なモバイル広告にはどの様な特徴があるのでしょうか。

特徴は次の2つです。

  • エンターテイメント価値のある動画広告が人気
  • ブランドイメージの定着を心がける

順番にみていきましょう。

エンターテイメント価値のある動画広告が人気

エンターテイメント価値のある動画広告が人気

タイでは、エンターテイメント価値のある動画広告に人気が高いです。
タイでは物語の内容に興味を持つ人が多く、企業のイメージに合わせたエンターテイメント広告を展開しています。

動画によってはエンターテイメント価値を重視しすぎて、PRの要素がほとんどないようなものもあるほどです。

製品のPRだけではなく心に残る広告を展開することで、同業製品よりも一歩リードした広告展開を目指していきましょう。

ブランドイメージの定着を心がける

ブランドイメージの定着を心がける

タイで事業拡大のためにモバイル広告展開をしていくなら、ブランドイメージの定着を心がけましょう。

タイの市場では海外からの参入企業が多く、新しい製品が立ち替わり店頭に並ぶため各製品における競争力が大切です。

しかし、今後市場を広げるにあたって、ブランドイメージを定着させれば各製品における明確なアドバンテージとなります。

ブランドイメージの定着には、多くの人に見てもらえるモバイル広告が有効なので、製品やサービスのPRはもちろんのこと、ブランドイメージの広告にも重点を置くことが大切なのです。

タイでモバイル広告を展開する時の注意点

タイでモバイル広告を展開する時の注意点

タイで有効なモバイル広告の媒体や特徴を解説してきました。

しかし、タイでモバイル広告を展開していくにあたって、どの様なことに気をつければいいのか気になる人もいると思います。

タイでモバイル広告を展開する時に注意するべきポイントは次の3つです。

  • 現地の状況・トレンドへの対応が必要
  • 「中間層」に受け入れられる広告展開が必要
  • 外資系企業の参入も多い

順番に解説していきます。

現地の状況・トレンドへの対応が必要

現地の状況・トレンドへの対応が必要

タイでモバイル広告を展開するときには、現地状況の把握やトレンド調査を継続的に進めていきましょう。

現地のトレンドは変わりやすい傾向にあり、製品やサービスの明確な特徴を提示しなければ、他社製品との競争に負けてしまう恐れがあります。

現地のトレンド変化に対応していくためにはモバイル広告を活用して、常にユーザーの心に残るような広告展開をしていきましょう。

「中間層」に受け入れられる広告展開が必要

「中間層」に受け入れられる広告展開が必要

タイでモバイル広告展開を成功させるためには、中間層に受け入れられることが大切です。

農林水産省が出している2020年の予測データによると、タイは中間層が72%いるのに対し、富裕層は8%程しかいません。

富裕層向けに高級志向なモバイル広告を展開しても、中間層には受け入れられにくく、高いシェアは獲得しにくいのです。

中間層に受け入れられる広告展開をするために、製品やサービスのどこに競争力があり、どの様に広告すれば適切なのか、しっかり計画を練る必要があります。

外資系企業の参入も多い

外資系企業の参入も多い

モバイル広告を展開するときに注意してほしいのが、タイでは外資系企業の参入が多いという点です。

広告展開時に同業者の市場調査をしますが、タイに参入してくる外資系企業は目まぐるしく変化しています。

広告展開時の状況で同じような運用を続けていても、いつの間にか参入してきたライバル企業にシェアを取られていることもあるのです。

常に徹底した市場調査と適切な広告運用を目指していきましょう。

タイへのモバイル広告展開をしたくなったら?

タイへのモバイル広告展開はAdAsiaへご相談ください!

タイでのモバイル広告展開について解説して来ましたが、実際にどうやってモバイル広告を出したらいいかわからない、いざ出しても失敗するかもしれないという不安もまだあると思います。

そういった時には、現地サポートがある専門家にお問い合わせください。

タイ現地スタッフによる徹底サポート

タイ在住のスタッフがいる事が重要です。

現地の詳しい事情に精通しているので、現地情報やトレンドなど肌で感じないとわからないことについてもサポートできるからです。

各ネット媒体に横断的な広告サポート

例えば僕にご相談いただければ、各ネット媒体に横断的な広告展開をサポート可能です。

Facebook広告のようなモバイル広告だけでなく、SEOやインフルエンサーマーケティングなど、Webマーケティングに関する様々なノウハウを提供します。

他の媒体でも展開していくほうが相乗効果も大きくなるので効率的です。

最後に

いかがだったでしょうか。

タイのインターネットではモバイルユーザーが圧倒的に多く、広告展開をするうえでモバイル広告の検討は必須です。

モバイル広告ならターゲットを絞ったユーザーにリーチしやすい広告展開ができる一方で、実際に広告を展開する際は現地の状況など注意することがあるのです。

では。

タイのインフルエンサーについてはこちらから。

タイのフード系インフルエンサー9選【2021年版】 タイの美容系インフルエンサー15選【2021年版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です