【最新版】台湾に強い頼れる広告代理店3選!選び方も解説

台湾に強い広告代理店をお探しでしょうか。

海外へ広告展開してマーケティングをする際は、現地の肌感も含めた知識が必要です。

知識がなければ、現地の風土に合わないマーケティングで広告費を無駄にすることにもなりかねません。

しかし、肌感を通じた知識を得るのは困難です。

そんな時、台湾に精通した広告代理店に依頼すれば効果的な広告展開を検討できます。

そこで本記事では、台湾における広告代理店の選び方とオススメの広告代理店を紹介。

本記事を読むことで、台湾でマーケティングする際に広告代理店を選ぶ基準とオススメの広告代理店を知ることができます。

信頼できる広告代理店を選定し、台湾での広告展開を成功させましょう。

台湾における広告代理店の選び方【5つのポイント】

台湾における広告代理店の選び方【5つのポイント】

まずは、台湾における広告代理店の選び方を紹介します。

台湾において広告代理店を選ぶ際は、ポイントをおさえた判断が必要です。

ポイントは下記の5つです。

  • 台湾の事情に明るい担当者がいるか?
  • 常識に縛られない独自の提案はあるか?
  • 能動的に提案してくれるか?
  • 運用体制は分業型か専業型かどちらか?
  • 広告手法が代理店のゴリ押しになっていないか?

広告代理店を選ぶポイントについて、詳細を見ていきましょう。

台湾の事情に明るい担当者がいるか

台湾の事情に明るい担当者がいるか

1つ目のポイントは、台湾事情に明るい担当者の有無です。

台湾は文化が異なるため、日本と同じマーケティング方法が同様の効果をあげるとは限りません。

そんな時に台湾の文化やトレンドに明るい担当者がいれば、文化や流行に沿った提案が可能です。

台湾で広告代理店を選ぶ際は、現地の事情に明るい担当者の有無を確認しましょう。

常識に縛られない独自の提案はあるか

常識に縛られない独自の提案はあるか

2つ目のポイントは、常識に縛られない独自の提案があるかです。

広告の運用はトライアンドエラーの繰り返しで、常識に縛られない思考が求められます。

常識に縛られない意見とは、依頼人の意見を鵜呑みにせず、異なる視点から見た意見を述べられるかどうかということです。

例えば、広告展開が思うようにいかずプロモーションの手法で悩んでいる際に、課題はWebページの方にあったという場合もあります。

一つの視野に絞られることなく、常に広い視野で独自の提案ができる広告代理店かどうか、という観点は大切なポイントです。

能動的に提案してくれるか

能動的に提案してくれるか

能動的な提案ができるかも、チェックすべきポイントです。

受け身の対応ばかりの広告代理店では、高い効果は期待できません。

広告市場は、トレンドや状況によって効果的な手法が異なり変動的な業界です。

そんな時に、状況を加味した能動的な提案がなければ展開が後手に回ります。

自分が現地にいない外国の広告展開となれば尚のことです。

台湾における広告展開を検討する際は、能動的に提案してくれる代理店かどうかの見極めが大切になります。

運用体制が分業型と専任型のどちらか確認する

運用体制が分業型と専任型のどちらか確認する

広告代理店を選ぶときには、運用体制が分業型か専任型か確認しておきましょう。

分業型は、広告運用、レポート作成、コミュニケーションやプランニングを複数の担当者が分担して行う運用体制です。

多くの作業やサポートが必要となる大規模なレポート作成やプランニングの頻度が高い取り組みには相性がいい運用体制と言えます。

専任型は、専任の広告運用担当者が広告運用からレポート作成、プランニングまで、すべて一人でこなす運用体制です。

報告の頻度や体裁よりも、とにかく案件に深く入り込んで広告運用に専念してもらいたい場合は、専任型がおすすめと言えます。

大規模な展開なら分業型、スピード感が求められる小中規模の展開なら専人型という風に確認した上で依頼をしましょう。

広告手法が代理店のゴリ押しになっていないか

広告手法が代理店のゴリ押しになっていないか

広告手法が、代理店のゴリ押しになっていないかの判断も重要です。

広告手法には流行があり、台湾においてはSNS広告がトレンドになっています。

だからといって、とりあえずインフルエンサー、Facebook広告というようなゴリ押しの代理店は信用できません。

広告手法によってメリット・デメリットがあり、媒体の選択も重要なのです。

台湾の広告代理店を選ぶ際はゴリ押しでなく、多角的な視点で提案をしてくれる代理店を探しましょう。

台湾に強い広告代理店へ依頼するメリット・デメリット

台湾に強い広告代理店へ依頼するメリット・デメリット

台湾における広告代理店選びでは、運用体制の確認、広告手法の提案がゴリ押しでないかなどポイントを押さえた選定が必要です。

では、台湾に強い広告代理店へ広告展開を依頼するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

広告運用を依頼する際に、どんなメリット・デメリットがあるかを理解していれば候補の広告代理店を選ぶ際に役に立ちます。

台湾い強い広告代理店を選ぶメリット・デメリットを理解して、目的にあった最適な広告代理店選びを成功させましょう。

メリット

メリット

まずは、台湾に強い広告代理店へ依頼するメリットの紹介です。

台湾に強い広告代理店を選ぶメリットを知れば、メリットのない代理店を選んで費用を無駄にするリスクを回避できます。

これらのメリットに魅力を感じなければ、そもそも代理店に依頼をする必要性がないという判断も可能です。

台湾に強い広告代理店へ依頼するメリットは3つあります。

  • 台湾事情を反映した施策により効果が出やすい
  • 自社は管理するだけで良いので手間がかからない
  • マーケティングに関する周辺サポートが受けられる。

それでは詳細を見ていきましょう。

台湾事情を反映した施策が練れるので効果が出やすい

台湾に強い広告代理店へ依頼するメリットは、台湾事情を反映した提案です。

国が違えば、トレンドや文化など広告で加味するべき事情も異なります。

台湾では個人の発信が強い傾向があるという事情を加味した提案も、現地の肌感がなければ適切な表現は難しいものです。

台湾に強い広告代理店を選べば、現地の事情を加味した適切な表現の提案で、広告効果を期待できます。

自社は管理するだけで良いので手間がかからない

2つめのメリットは、管理するだけで良いので手間がかからないことです。

広告運用は、リサーチ・結果の収集・分析と必要な仕事が多くありますが、外国で運用をすると現地に人を派遣するなど人材面でもコストがかかります。

現地に強い広告代理店に依頼すれば、そういった運用の手間はかかりません。

台湾に強い広告代理店に広告展開を依頼することで、時間や労力がかかる運用を自社で行う必要がなくなるのです。

マーケティングに関する周辺サポートが受けられる

最後のメリットは、マーケティングに関する周辺サポートです。

マーケティングをおこなう上で、データの管理・広告の依頼・提案書の作成など必要な業務は多岐に渡ります。

例えば、台湾に強い広告会社でなければ、現地広告代理店の依頼先を探すだけでも労力がかかります。

一方、台湾に強い代理店を選べば現地の知識を元にした周辺サポートを受けられるので自社でリサーチする手間は不要です。

台湾に強い代理店を選べば、マーケティングに関する細かな周辺サポートを受けられるので手間の削減ができます。

デメリット

デメリット

続いては、台湾に強い広告代理店を選ぶデメリットの紹介です。

事前にデメリットを理解しておくことで、デメリットを想定した計画が立案できます。

台湾に強い広告代理店を選ぶデメリットは、2つです。

  • 自社にノウハウがたまらない
  • 代理店手数料がかかる

それでは、デメリットの詳細を見てみましょう。

自社にノウハウがたまらない

1つ目のデメリットは、自社にノウハウがたまらないということです。

広告展開は、運用することによってノウハウが蓄積され精度があがっていきます。

依頼をすれば包括的に手間を削減できる一方で、自社にマーケティングのノウハウは蓄積されません。

自社にノウハウを蓄積したい場合は、インハウス化支援まで行ってくれる代理店を選択するか最初から自社のインハウスでマーケティングを行えば解決可能です。

ノウハウを蓄積して、自社マーケティングの育成を視野にいれる場合はインハウス化支援も加味した代理店選びをしましょう。

代理店手数料がかかる

2つ目のデメリットは代理店手数料がかかることです。

依頼をすれば、実際の広告運用にかかる費用にプラスして代理店手数料がとられます。

広告運用を自社でおこなえば必要費用だけで運用できるので、コストは低く運用可能です。

手間は削減できるが手数料がかかるという点は、デメリットと言えます。

【最新版】台湾に強い頼れる広告代理店3選

【最新版】台湾に強い頼れる広告代理店3選

台湾に強い広告代理店を選べば、現地事情を加味した提案が受けられます。

ここからは、台湾に強い頼れる広告代理店3選の紹介です。

オススメの代理店と、オススメである理由を解説します。

台湾に強い頼れる広告代理店3選は以下の3つです。

  • AdAsia
  • 百軒広告
  • NKB

自分の目的に適した代理店を選択すれば、高い費用対効果が期待できます。

それぞれ見ていきましょう。

AnyMind Group

AnyMind GroupはWeb広告や、インフルエンサーマーケティングに強い広告代理店になります。

独自のプラットフォームを利用した、ユーザーに届きやすい広告運用が特徴です。

台湾にも事務所があり、日本語で相談しつつ肌感を通じた提案をしてもらえるのが強味になります。

こんな人にオススメ!

ここに追加

台湾でWeb広告やSNS広告を出して、広告表示の最適化や収益を最大化したいという人におすすめです。

AnyMindに広告したいプロダクトを提示すれば、ブランドのニーズに合せた広告手法の選定・報告・改善提案まで煩雑なオペレーション業務を包括的に発注できます。

Web広告に強いので、Webを通じた広いユーザーへの広告展開に適しています。

台湾にも拠点があるので、現地事情を加味した提案によって適切な広告運用が可能です。

百軒広告

百軒広告

百軒広告は紙媒体や、マスメディアを通じた広告展開に強い代理店です。

日本官公庁や、大手企業の広告など、台湾現地のインバウンド訪日外国人向けの実績もあります。

日本に対して実績がある台湾の代理店なので、台湾人の感覚で提案をうけられるのも強味です。

こんな人にオススメ!

インバウンドの訪日観光を検討している人にオススメです。

紙媒体やマスメディアという大きな媒体なので、周知に適した広告運用に強いのが特徴です。

まずは多くの人に認知してもらいたいという場合は、マスメディアに強い百軒広告がオススメになります。

NKB

NKB

NKBは屋外広告に強い代理店です。

交通広告に強く、台湾新幹線での広告実績があります。

NKBは日本発の企業なので、日本人の感覚を加味して提案を受けられるのも利点です。

こんな人にオススメ!

NKBは、ビジネスマンに認知させる広告展開を検討している人にオススメの代理店です。

交通広告に強いので、新幹線や電車を利用するビジネスマンや学生に周知する広告展開ができます。

電車内、ショッピングモールなど場所を通じた広告展開によって、施設の利用者というセグメントで的を絞ったマーケティングが可能です。

訪日観光や日本グルメなどの広告実績もあるので、観光を意識したマーティングにオススメの代理店です。

台湾での広告展開を成功させる2つのポイント

台湾での広告展開を成功させる2つのポイント

台湾では、AdAsia、百軒広告、NKBの3社がオススメの代理店です。

代理店選びを検討する際にもう1つ理解しておきたいのが、広告展開でおさえておくべきポイントになります。

台湾における広告展開では、ポイントをおさえた依頼をすれば高い効果が期待できます。

ポイントを理解すれば、効果の低い広告展開の回避も可能です。

記事を読めば抑えるべきポイントが理解できるので、提案内容が効果の高い展開かどうか判断ができるようになります。

台湾での広告展開を成功させるポイントは以下の2つです。

  • 台湾事情を反映した広告手法を選定する
  • KOLマーケは有効だが起用には吟味が必要

1つずつポイントを見ていきましょう。

ポイント1.台湾事情を反映した広告手法を選定する

ポイント1.台湾事情を反映した広告手法を選定する

台湾事情を反映した最適な広告手法の選定は、成功するための大切なポイントです。

広告展開は、どこでも同じ手法が受け入れられる訳ではありません。

SNSの有効性が強い、TVなどマスマーケティングが有効など、国の事情によって効果的な選定は異なります。

例えば台湾であれば、個人の発信の方が受け入れられやすいという文化があるのでブログ、YouTuberなどを起用した個人の発信が効果的です。

台湾で広告展開を成功させるためには、教科書通りでなく台湾の事情にそった手法を選定しましょう。

ポイント2.KOLマーケは有効だが起用は慎重に

ポイント2.KOLマーケは有効だが起用は慎重に

台湾では、集団の意思決定に影響を与える人を、KOL(KeyOpinionLeader)と呼んでいます。

台湾では、個人の発信が強いという観点から、KOLが増加しているため選定には吟味が必要です。

例えば、PRばかりしている規模の小さいKOLはあまり効果が期待できません。

なぜなら、見ているユーザーも、企業からのオファーでPRしているだけだと分かるため信頼を掴めないからです。

台湾においてKOLマーケは有効ですが、起用の際は慎重に吟味する必要があります。

台湾での広告展開ならAnyMindへお任せ!

台湾での広告展開ならAdAsiaへお任せ!

台湾では、個人の発信に重きをおく風土ですが、KOLマーケを起用する際の吟味は知識も必要で容易ではありません。

もし、台湾での広告展開にお困りの際は、AnyMindへ一度ご相談ください。

AnyMindに依頼すれば、現地の国民性を加味した適切な提案で、効果的な集客を展開できます。

現地に根ざしたサポートが可能

現地に根ざしたサポートが可能

AnyMindでは、現地に根ざしたサポートができます。

現地に在住するスタッフがいるので、事例や市場の最新データをもとに、肌感を通じた企画・提案・サポートが可能です。

また、提案だけでなく現地の広告状況を常にレポートして、最善の広告運用ができるように改善サポートも充実しています。

プロフェッショナルなマーケティングスキルと現地スタッフの肌感を通じた最適なサポートで、広告に無駄なコストは発生させません。

自社プラットフォーム|AnyTag

AnyMindは、AnyTagという次世代型のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームを提供しています。

テクノロジーを活用したアルゴリズムで、ブランドに最適なインフルエンサーと繋がることが可能です。

Anytagのアルゴリズムをベースに、台湾現地スタッフの肌感を加味した提案を行います。

AnyMindではAnyTagプラットフォームによって、理論と肌感に基づいた効果的なインフルエンサーマーケティングが提案できるのです。

まとめ

台湾における広告代理店選びでは、現地の肌感を通じた能動的な提案が重要です。

国が異なるので、土地勘の違いを理解した上で独自のアイデアを提案してくれる代理店を選ぶことで、効果的な展開が期待できます。

また、台湾では個人の発信に対する信頼性が強い文化から、KOLマーケが効果的とされていますが、対象となるKOLも多く選択は容易ではありません。

台湾に強い広告代理店が知りたい場合は、一度AnyMindへご相談ください。または、僕にご相談頂いても構いません。

グローバルなマーケティングに関する幅広い知識と、現地スタッフによる風土やトレンドの理解、横断的媒体への広告展開を意識した提案で徹底したサポートをお約束します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です