2024年版|シンガポールの平均年収について【業種別】

シンガポールでお仕事をお探し中でしょうか?

シンガポールはお仕事の種類も豊富ですし、日本よりも年収は高いです。ですがその幅は業界や職種によって異なってきます。

そこで今回はシンガポールでの業種別の平均年収について、実際の数値をもとに紹介したいと思います。

既に社会人の方はご自身の業種がどれくらいの年収をもらえるのか、大学生・第二新卒の方はどの業種がいくらもえるのか把握できるかと思います。

情報の有効性について

今回の記事はシンガポールの転職エージェントの他、MOH(シンガポール役所)が発表している情報と現地で働いている日本人を対象とした調査によって算出しております。

シンガポールの平均年収について

MOHによると、シンガポールの年収は2022年で62,364SGD(6,860,000円)でした。ちなみに2020年で45,000SGD(370万円)ですので、2〜3年間で平均年収は30%〜40%上昇しています。

もはや日本の年収の上がり幅と比較すると全然違うことがわかるかと思います。2019年時点の日本の平均給与が441万円(2019年国税庁調べ)なので、当時はそこまで大差がありませんでしたが、今となってはすっかり上の存在になってしまいました。

社会人の方は感覚があるかと思いますが、本当に平均年収は”平均”であり、業種や職種によって大きく変わります。とはいえシンガポールの年収そのものが上がっている事は事実であり、シンガポールでお給与をもらいながら日本に一時帰国すると日本がとっても安く感じることができます。

ちなみに、年功序列のないシンガポールにとっては、勤続年収よりも役職が年収に大きく左右します。転職する際に今よりも一つ上の役職で転職し、年収を上げる。

これが、この国の人々が転職を繰り返す理由だったりします。

追記(2022年7月)
シンガポールは現在賃金の上昇が起きている&円安の影響から、2022年では50,000SGDを超えています。
現在のシンガポールドル円のレートが1 SGD=98円くらいなので平均年収は500万円を超えており、日本を上回りました。
ただ、現在のシンガポール人の同僚の話を聞くともっともらっているような気がしています。
例えばGoogleでエンジニアとして転職した方(エンジニア歴4年くらい)は年収2500万、Appleで広告運用担当として転職した方は年収1,600万円だったりするので、自分のプロフェッショナル分野で転職するのであれば日本で就職するよりも良い賃金が払われるでしょう。

日本人のシンガポールでの平均年収

人材紹介会社の情報によると、日本人がシンガポールで採用された場合、平均の年収は312万円~520万円(39,000~65,000シンガポールドル)であるとのことです。

月収25万〜60万円(3000~7000シンガポールドル)ほどの求人が多いです。ただ、これは2020年の情報であり実際はもっと上がっています。

なぜなら、外国人が働けるビザの最低報酬が上がっているからです。シンガポールではEP(EmploymentPass)と呼んでいますが、2020年当時は最低報酬が4,000SGDとかだったのが現在は5,000SGD(55万円)無いとビザが下りないそうです。

ただ、これは中央値なので実際は年齢によりますが、もっと高い給料をもらっている人もいるというのが筆者の感覚値です。

よってシンガポールでの年収は、年齢と業界に大きく左右されるところが多いのです。

追記(2024年3月)
現在のEP条件は毎年上がっています。今は55万円くらいだったのが翌年には60万円くらいになっているでしょう。これが平均ではなく最低の給料です。いかにシンガポールの経済成長が早いのか(日本が遅すぎるのか)わかるかと思います。

ビザの種類も関係する

別の記事で書いていますが、シンガポールには複数ビザの種類があります。主に会社員の場合、EPかS-passという2種類なのですが、ビザによって最低金額が異なります。

年齢にもよりますが、EPであれば月50万円ほどの給料も可能です。一方、S-Passになると18万円になります。

S-PassとEPの違いについては別の記事を御覧ください。

2024年版|シンガポールの平均年収について【業種別】

カテゴリ別に年収は異なるものの、そもそもビザが発給されなければシンガポールで働く事はできません。

管理職か、プレイヤーか

シンガポールでの仕事のジャンルによる年収の違いはありますが、プレイヤーなのか管理職なのかで年収は異なります。

たとえ日本でマネージャーなどの管理職であってもシンガポールにて初転職ということであれば、プレイヤーでのスタートというのも視野に入れたほうがいいかもしれません。

シンガポールの傾向として、シニアマネージャー(課長レベル)の役職になるとある程度高待遇が期待できます。

一方、プレイヤーだといくら物価が高いシンガポールでも日本よりも高い年収というのはあまり期待できないかもしれません。

もちろん、業種・業界別次第ではりますが、、

追記(2022年7月)
プレイヤーであっても日本語が重宝される場合があります、その場合はプレイヤーであっても1,000万円近くもらえます。管理職になると1,500万円くらいです。
また、(日本を除く)世界の賃金上昇&円安(日本円の価値下落)によって、現在であればほぼ全ての業種・業界で日本で働くよりも高い給料が支払われるでしょう。
2024年版|海外勤務・海外駐在に強い転職エージェント・転職サイト比較ランキング

シンガポールの平均年収|業界別

では、ここからシンガポールでの業界別平均年収を紹介していきます。

このデータはシンガポールの大手人材紹介サイト、JobStreetのデータをもとに作成しています。

通貨はSGDで、1SGD =110円(2024年4月時点)です。

ここに記載しているのはベースの月収になり、インセンティブやボーナスは含まれておりません。インセンティブやボーナスがある会社はほぼ全てと言って良いでしょう。つまり、実情としてここに記載があるものよりも高く給料が支払われています。

金融業

全ての業界の中でも高年収が多い部類に位置しています。ジュニアレベルでも700万円以上、1,000万円を超えている人は当たり前、1,500万円くらいが平均かと。

この表は平均ですが、日本人の知り合いにはプレイヤーで3,000万円くらいのボーナスをもらっている人もいるので、シンガポールにおいて金融業界は青天井といえるでしょう。

日本もこの業界は年収は高いですが、その幅は日本国内で働く以上です。

年収給料(月)
Junior Exective$ 4,500
Senior Exective$ 6,500
Manager$ 9,000
Senior Manager$ 11,268
Director $ 13,268

この記事には入れていませんが、コンサルも金融業界と同じくらいの給与水準だったりします。

追記(2022年7月)
3000万円と記載しましたが、実際は5,000万円、1億円のプレイヤーもいます。ただその方々はごく僅かなのですが、1,000万円程度であれば20代でもらえるでしょう。

通信・マーケティング業界

広告やテレコミュニケーションなどの業界がこちらに入ります。

プレイヤーとしての年収はそこまで高いわけではありませんが、賞やプロジェクトに応じて個人の力量次第でインセンティブや他社への年収アップの転職が可能となる業界です。

年収給料(月)
Junior Exective$ 4,500
Senior Exective$ 5,000
Manager$ 6,500
Senior Manager$ 7,800
Director $ 10,000
1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です