【おすすめ】タイのインフルエンサー10選!【2021年版】

インフルエンサーマーケティングが盛んな国の一つである、タイ。

タイのインフルエンサーが使っているSNSは何なのか、どのようなインフルエンサーが存在するのでしょうか。

この記事ではタイのインフルエンサーについて紹介していきます。

タイのインフルエンサーが使用しているSNS

タイのインフルエンサーが主に使っているSNSはインスタグラム・Facebook・Youtube・TikTokの4つです。

アジアの中でも比較的多方面にSNS展開をしていると言えるでしょう。

ただ、全てのプラットフォームを全インフルエンサーが使っているわけではありません。

インフルエンサーにとっての各SNSの役割について少し紹介していきます。

Facebook

タイではFacebookの使用人口が多いため、Facebookページに多くのファンを持つインフルエンサーはたくさんいます。
ただ、時代とともにFacebook自体のユーザー層が上がっていっている&アクティブユーザーが減っているため、Facebookをメインとして活動するインフルエンサーは今後は増えてはこないでしょう。

Instagram

Facebookに変わってタイのインフルエンサーで流行っているのがInstagramです。20代〜30代をターゲティングとするならInstagram上でインフルエンサーに投稿してもらうとよいでしょう。

Youtube

インフルエンサーにとって、動画を制作する余力があるならYoutubeもやりたいはずです。

理由は稼げるから。

ただ、Instagramと異なり一つのコンテンツを仕上げるまでに労力がかかるため、全員が活動しているわけではありません。

Tik tok

タイマーケットにおいて、10代〜20代を狙うのであればTik tokがよいでしょう。

Tiktokは東南アジア含め、今急速にユーザーを伸ばしているプラットフォームです。

Tiktokerと呼ばれるTik Tok上に存在しているインフルエンサーもいますが、InstagramやFacebookなどを主にやっているインフルエンサーがTik Tok上でも活動するというケースもあります。

インフルエンサーのフォロワー保有数

タイのインフルエンサーのフォロワー数は、トップクラスだと百万人を超えてきます。

数十万人のインフルエンサーはミドルから、マイクロの層となっています。

トップクラス:フォロワー数 100万人〜
ミドルクラス:フォロワー数 30万人〜90万人
マイクロクラス:フォロワー数 7万人〜30万人
ナノクラス:フォロワー数 数万人

タイの代表的なインフルエンサー

それでは、ここからタイの代表的なインフルエンサーを紹介していきます。

トップクラス

Mew Suppasit

1991年生まれ。ミューの愛称で知られるタイの俳優、モデル、歌手です。

『TharnType/ターン×タイプ』にて主演のターン役を務めました。

インスタグラムの投稿はファッション系が多いですが、非常に多くの広告主と仕事をしています。
InstagramYoutube

Win Metawin

1999年生まれ。ウィンという愛称で知られる俳優です。

タイのテレビドラマにて2020年に主役としてデビューしています。
女性のフォロワーが多く、インスタグラムのファン数は500万人を超えています。


Instagram

Narikun Ketprapakorn

女優です。ファッションや美容、旅行関連の投稿が多いです。

彼女の透き通った笑顔は多くの広告主に人気で非常に多くの広告主と仕事をしています。

最近は歌手としても活動してます。

タイはもちろん、韓国や日本のフォロワーも少しですがおり、世界的に有名な方です。
InstagramYoutube

Patricia Tanchanok

1997年生まれ、タイの女優です。イギリスの血も入っています。

2013年から有名な映画に出演しており、現在はチャンネル3(CH3)で専属女優と務めています。

ハイブランドとの広告塔の経験もあるため洗練しているイメージを持たれています。

チュラロンコン大学というタイの名門大学を卒業している、才色兼備ですね。
Instagram

Chippy Sirin Preediyanon

タイの女優兼モデルです。

Instagramの投稿は美容系の投稿が多いですが、フォロワーは60%が女性、40%が男性と丁度いい配分になっています。

最近は子供の投稿も増えるようになりました。

TikTokでの活動も精力的な様です。
Instagram
Youtube

Wonderframe

有名な歌手でありラッパーです。

彼女のファッションも非常に個性があり支持者も多くいます。女性のフォロワーを多く持っています。

1年前までフォロワーが40万人ほどでしたが、1年半で90万人ほどフォロワーが増えました。
Instagram
Facebook

ミドルクラス

jr.joonior

歌手であり、ファッション系のインフルエンサーです。

Instagramの投稿には非常に多くのファッションで溢れかえっています。

Youtubeでは彼の歌の動画を見ることができます。
InstagramYoutube

SUPANNA P. ( Smile )

TikTokインフルエンサーです。彼女は10代のフォロワーが多いです。

インフルエンサーではモデルのようなライフスタイル系の写真が多いです。

お菓子や女性向けの商品などの広告主と一緒に仕事をしています。 
Instagram
Facebook

atomprys

20−24歳のフォロワーを多く持つインフルエンサーです。ファッションや音楽が好きで、Youtubeでは歌っている投稿を見ることができます。
彼女と一緒に仕事をしたことがありますが、いい女の子です。

投稿自体も過度に露出をしているわけでもなく、その年齢にあったブログや内容なのでエンゲージメント率も高めです。

フォロワー率も男女のバランスもよし。個人的におすすめな一人です。
InstagramYoutube

Krittanai Asanprakit (nammon💦)

タイのモデルです。Twitterもやっており、33万人のフォロワーがいます。

カメラマンとしての側面も持ちながら、自身でブランドも展開しているマルチプレイヤーです。
InstagramTwitter

タイのインフルエンサーの注意点

そのインフルエンサーは男?女?

タイだと男性なのに女性の見た目である事がしょっちゅうあります。

それを気にしないというブランドであれば問題ないですが、一応気をつけておきたい点です。

また、フォロワーの属性も確認しましょう。

女性のインフルエンサーなのに男性のフォロワーがたくさん、なんてこともあります。

ローカル言語

タイはローカル言語が強い国です。

日本人でタイ語をしっかりと分かる方は多くないと思います。
英語であれば投稿された内容に対して自分で理解して修正を指示する事ができますが、ローカル言語となるとそうとはいきません。

自分たちのローカルスタッフに今回伝えたいことをしっかりと理解してもらうことで、代理店やインフルエンサーから共有される内容に対して修正点を代わりに指示する事ができます。

最後に

いかがだったでしょうか。

正直、タイのインフルエンサーは山ほどいます。
あるデータによると、インスタグラムのフォロワー数5万人以上のインフルエンサーが1,000人以上います。

タイのインフルエンサーをお探しの際はご相談くださいませ。

インフルエンサーの選び方などお力になれるかと思います。

では。

インフルエンサーマーケティングについて知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

【実践編】インフルエンサーマーケティングについて

他の国のインフルエンサーについてはこちらから

【ベトナム】今旬なインフルエンサー10選【2021年版】 【インドネシア】旬なインフルエンサー10選【2021年版】

2 COMMENTS

堀岡健一郎

はじめまして
バンコク在住の日本人です。

タイのインスタ広告についてお聞きしたいのですが
ファッションブランドの広告をしたいのですがどういった方法があるんでしょうか?
料金は日本よりどれぐらい安いんでしょうか?

よろしくお願いします。

返信する
Hikaru

コメントありがとうございます。

①リンク広告・動画広告、ストーリーズなど通常の広告
②リール広告、ショッピング広告など販売向けの広告
③インフルエンサーが自身のアカウント上で投稿したポストを広告として活用するブランドコンテンツ広告
があるかと思います。

配信単価は、ターゲティングにもよりますが、日本の半分以上かと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です