シンガポールのフード系インフルエンサー16選【2021年版】

シンガポールでフード系のインフルエンサーをお探しでしょうか。

現在はシンガポールは政府の影響からどこにも行くことができず、その分料理への関心が非常に高まっています。

そこで今回はシンガポールで活動するフードインフルエンサー及びブロガーについて紹介していきたいと思います。

シンガポールのフード系インフルエンサー

シンガポールのフード系インフルエンサーにはいくつかジャンルがあります。

ローカル料理を専門としている方、おしゃれなレストランを専門としている方、西洋や日系などの海外食べ物を専門としている方などです。

またブログで活動している方・Youtubeで活動している方・Instagramで活動している方と様々です。

自社のレストランや食べ物にマッチしているインフルエンサーを選定しましょう。

フード系インフルエンサー16選

ここから、実際にシンガポールのフード系インフルエンサーを紹介していきたいます。

danielfooddiary

DanielFoodDiaryはブログからスタートしたフード系インフルエンサーです。

彼のピックアップするジャンルはオールジャンルで、中華から日系レストラン、ホーカーセンターまで幅広いです。

彼のブログの特徴はとにかく細かいところまで紹介する点です。

インスタグラムなどでは静止画一枚や複数しか取り上げることができませんが、ブログの場合何枚も写真を掲載し、撮影時にインタビューした内容をしっかりと記載するため、コンテンツ量として有益です。

Blog
Instagram
Youtube

sgfoodonfoot

世の中には多くのグルメブログがありますが、Derrickさんは、ブログ「SG Food On Foot」で、これまでとは異なるアプローチを提案しています。

彼は自分の食体験をフォロワーに伝えるだけでなく、最寄りのMRTの駅や所要時間などの道順も紹介しています。

また、Top 100 Food Blog in Asiaにも選定されています。

Website
Instagram

Rubbish Eat Rubbish Grow  

インスタグラムのフォロワー数59万人というフード界インフルエンサーの巨匠です。

比較的ハイエンドのレストランをレビューしていることが多いですが、1 for 1などお得情報を発信していることもあります。

ブログ「LadyIronChef」の生みの親であるブラッド・ラウは、2007年にブログを始め、自身の経験や食べ物への愛情を綴ってきました。

彼の正直なレビューは、読者が彼のウェブサイトを信頼し、ガイドや情報を得るために頼ることができるプラットフォームを構築しています。

Website
Instagram

MissTamChiak

MissTamChaikの生みの親であるMaureen Owは、熱狂的な食通の家族の中で育ち、常に食に関するあらゆるものを愛してきました。

彼女のブログでは、屋台やホーカーズからカフェや高級レストランまで、さまざまなスケールの記事が掲載されています。

シンガポールのグルメシーンがますます盛り上がる中、2007年にこのブログを始めたモーリーンは、毎月100万以上のビューを集める、シンガポールのトップフードブログの1つとされています。

WebSite
Instagram: 174,000 followers

The Ranting Panda

The Ranting Pandaは2012年に誕生しました。

RanterとRantee(モノクマ)が一緒になって食べ物についてレビューしていく記事構成です。

The Ranting Pandaは、2014年と2015年にSingapore Blog AwardsのTOp 10 Best Food Blog Finalistにノミネートされ、Singapore Blog Awards 2015ではTop 10 Most Popular Blogsに選ばれ、Singapore Website Awards 2017ではSite of the Month Nov 2017として表彰されました。

現在はフードの他にも旅行やライフスタイルのウェブサイトのコンテンツもあります。

Website
Instagram

Halal Food Blog 

ハラールブログは、2012年にAdam ShahとMaryah Qubtの2人が、食への愛情から始めました。

彼らは、ハラール料理を探している人のためのブログがあまりないことに気づきました。

そこでハラール料理を専門としたフードブログを作成することにしました。

ハラール料理の専門と言っても非常に多くの料理を掲載しており、普通の方でも十分参考になる情報がたくさんあります。

WebSite
Instagram: 84,000 followers

Fundamentally Flawed

ペストリーアートに天職を見出したリー・シハンは、シドニーのル・コルドン・ブルーで学びました。

シンガポールに戻ったリーは、食べ物の美しさと欠点の両方を共有するために、ブログ「Fundamentally Flawed」を始めました。

Fundamentally Flawed」は、シンガポールの「Top 50 Food Blogs 2017」を受賞しています。

彼女のインスタグラムはかわいい美味しそうな食べ物で溢れています。

Website
Instagram

Exploding Belly

フィットネスに関するブログとしてスタートしたClara ChuaのExploding Bellyは、今では食を中心としたブログになっています。

フードブロガーであるクララは、ジムに通ったり、13年間続けてきたバスケットボールをしたりして体型を維持しています。

Website
Instagram

EatBook

EatBookは、複数人で構成されているアカウントです。

一人の食通や食を愛するだけでなく、料理のエキスパートでもあるライターたちで構成されています。

読者のために正直な覆面レビューを提供し、多くのファンを獲得しています。

Website
Instagram

Delishar

続いては女性のフードインフルエンサーです。

独学で料理を学んだシャロン・リムは、レシピや実験的な料理、そして彼女の人生の断片を共有するためにデリシャールを始めました。

シャロンの食への情熱は幼い頃から始まり、食が人を結びつけることを学びました。

彼女の取り上げる食は、創作料理などおもしろい内容が多いです。

インスタグラムのフォロワーは6,200人ですが、ここから更に伸びていいくアカウントだと思います。

Website
Instagram

PinkyPiggu

PinkyPigguのライター兼フォトグラファーであるNicole Poiは、自分の食体験や料理の実験を読者と共有するためにブログを始めました。

食を愛する人なら誰でもそうであるように、Nicoleは新しいレストランに目を配り、フォロワーに最新情報を提供しています。

インスタグラムは女性らしい可愛らしく撮影した料理の投稿が多いです。

Website
Instagram

The Ordinary Patrons

このシンガポールのフードブログでは、料理だけではなく、その場の雰囲気やサービス、価格までも含めて、公平なコメントを読者に伝えています。 お店の雰囲気、サービス、そして価格まで。

The Ordinary Patronは、着飾ることなく発信し続けており、普通のシンガポール人に有益な情報となるブログであることを誇りにしています。

WebSite
Instagram

Camemberu

受賞歴のあるブログ「Camembru」の著者であるCatherin Lingは、2007年からブログを始めました。

このブログでは、彼女の食への愛情と、アジアを横断する旅を記録しています。

ブログを通じて、CNN Travel、NineMSN、Yahoo Makanation、Makansutraなどで執筆する機会を得ており、またテレビにも登場し、「Food Wars Asia」や「On The Red Dot」などのグルメ番組にも出演しています。

WebSite
Instagram

GNineThree

「GNineThree」という名前は、聖書の創世記9章3節に由来しており、Charが2012年に始めたフード&トラベルブログです。

チャーは、シンガポールで生まれた新しいレストランやカフェの情報を得るためにこのブログを始めました。

彼女の食に対する愛情は、実際に食べてみることだけでなく、グルメ雑誌を読むことにも及びます。2013年には、姉のCrystalも彼女のブログに参画しています。

WebSite
Instagram

Crystal Wee

このブログでは、シンガポールにひっそりとある隠れたカフェや名店を紹介しています。

2011年にブログを始めたのに加え、写真撮影や最高の美食を探すことにも興味を持っています。

彼女自身のセンスがいいのか、ウェブサイトも構成もシンプルで見やすい作りとなっています。

Instagram

WebSite

An Affair With Food

An Affair With Foodは、野心的な美食家であるXue WeiとKetihの2人が運営するウェブサイです。

もともとは2013年にスタートしたフードブログでしたが、今ではシンガポールのホットなフードトレンドや活気あるダイニングシーンを取り上げています。

彼らのインスタグラムは非常に整頓されており、3枚に一枚は2人の写真が掲載されています。

さいごに

いかがだったでしょうか。

シンガポールのフードインフルエンサーを集めてみました。

フード系インフルエンサーと言っても人によって扱う食べ物や、写真のとり方などは異なります。

自分たちの料理を誰が紹介してもらえば一番効果があるのかも悩みどころかと思います。

もしシンガポールのフードインフルエンサーをお探しの場合はご相談くださいませ。

どういったインフルエンサーをアサインすればよいかお力になれるかと思います。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です